「nulliusinverba」は、隠すための仮名も、自分自身を示すために解読するための公式も、単に中立を保ちたいというアーティストの願いを表しています。彼のスタジオから撮影した画像を直接表示するため。メディエーターなし。仲介なし。伝記なし。

「誰の言葉も受け取らない」と訳され、「nullius in verba」というモットーは、言葉や約束ではなく、経験に頼る意欲を表しています。

言うよりもやる。コメントするのではなく、黙ってください。誰もが自分に触れるものを親密に解釈する自由を与えてください。 「nulliusinverba」アートストアは、これと同じ裁量のアプローチの一部です。画像とそれを見る人に道を開いたままにすることによって。